耐震性能

Taishin


耐震性能

地震に強い家をつくる責務

日本において地震は切っても切り離せない程身近なものですが、特に茨城県において忘れられないのが、2011年3月11日に発生した東日本大震災です。
世界を震撼させるほどの大地震は甚大な被害をもたらし、家の耐震そのものを考えさせられました。
そして、ただ地震に強い家を表す数値である耐震等級だけを追求するのではなく、繰り返し起こる巨大地震にも耐え、住み続けることができる、そんな強固な家を追求し続けました。
そこで、セレクトホームでは「FPの家」の耐震性能に着目しました。

セレクトホーム「FPの家」の耐震性能

地震力・風圧力から家を守る「壁倍率」

「FPの家」はウレタン断熱パネルを建物に組み込むことで、壁構造としての強度も発揮しています。
これは一般的な軸組工法の共同を表す壁倍率が2.0であるのに対し、1.7倍もの壁組強度を誇り、繰り返しの強い地震や台風による強風にも耐えることができます。
また「筋かいなしウレタン断熱パネル(FPパネル)」は、業界で初めて壁倍率において国土交通大臣認定を取得しました。
これにより、FPパネルは耐震部材であるとともに、優れた性能を有することが改めて証明されました。

一般在来軸組(壁組) FP軸組工法(壁組)
壁倍率 2.0 3.4

歳月を経ても変わらない「強度」

つくばみらい市で地震に強い家の強度
壁・床・天井など駆体の中に組み込まれているFPパネルの強度は、繰り返しの地震や直射日光の影響も少なく、長期間に渡り高い強度が維持されます。
実際に24年前に建てた「FPの家」からパネルを取り出して検証したところ、ほとんど劣化することなく、施工時と変わらない高い性能を維持しています。

耐震実験で実証された「安心構造」

つくばみらい市で地震に強い安心構造
実際に起こった巨大地震を再現した振動や、実験用として更に強い振動を与えた耐震実験において、FPパネルを用いた建物にはほとんど影響がありませんでした。
これにより、安心して暮らし続けられる強固な家であることを証明することができました。

安心して住み続けられる耐震性能の高い家ならセレクトホームへ

セレクトホームにとって、家の安全性に関わる耐震性能は、最も重要な性能の一つであると考えております。
家族の安全を守り続ける家では、耐震性能を高め、変わらない品質を維持・追求する必要があります。

つくばみらい市で耐震性能の高い家ならセレクトホームへ

そのため、地震に対する性能の強化だけでなく、それを家に組み込む大工の技術も追求し続け、強い地震にも耐えることができる、強固な耐震住宅を造り続けます。
いつ何時起こるかもしれない地震に怯えることなく、安心して住み続けられる家をこれからも提供し続けます。

PAGE TOP